お客様への接し方

店頭販売や営業活動において、話し方は大切ですから無駄に意味のない話し方を顧客に向かって連続してつかうのは止めた方が賢明です。
実際に自分が使っていた話し方が普通の接客なのか?を考えてもう一度、考えなおしてみたりするのはどうでしょうか。
普段から慣れない接客に苦しむよりも、普通の接客を意識していくことです。
実際に営業トークは下手くそでいいのです。接客や話術は上手を目指そうとすると無理が生じてきます。
無理な接客を続けていると仲間をなくしたり仕事をなくしたりと大変な災難に見舞われたりします。
ですから、簡単に普通の話し方で人と話が出来るように回復を目指していくことです。
いきなり凄い難しい話し方を使ったり年齢に合わない年不相応な話し方づかいをしてしまうと相手に誤解を与えます。
接客だけは年齢にあったものを選んで自分で同じ年齢ぐらいの人と話をするような習慣をつくります。
年齢が近い人となら普通に話が出来ると思いますから、相手の人に接客を評価してもらって口調や態度もみてもらいましょう。
そうしていくうちに自分が「ひと眼を意識せずに好き放題な話し方を使っていた」ということが分かってきます。
自分で話し方のおかしいところを見つけて直していくことができるならば相当すごいと思いますけど、自己補正は事態をさらに悪化させます。
アルバイトをしたり社会参加をして世の中で使われている普通の接客を心がけるようにして社会人らしいアクセントを身につけていくほうが安心です。